●つぶやき● ブログ移動しました(2010/1/6)
カテゴリ:和食・寿司・串揚げ( 11 )
by zono |
酒処 有福
 なかなか3人の予定が合わず、遅れに遅れた呑み会。
ついに今夜決行なのであります(T0T)ノシ

サンセルコの地下1階にある「有福」が今宵の目的地。
渡辺通り側の反対側になる裏の入口。
その右側に地下に直接下りる通路がある。そこから入ると直ぐ左手にあるよ。
ちなみに右手には共同WC。

お店はカウンターしかないので予約した方が無難です。

さてさて皆様、そろったところで何にする?
「おまかせコース(9品) ¥3000~¥4000」
「バラモン凧コース(6品) ¥4500」はなんと2時間半の飲み放題コース♪
単品料理は¥400~とかあるよ。
お昼しかやってないと思ってた海鮮丼定食は夜もやってる(’へ^)b

んで、お酒好きな面々が選んだのはもちろんバラモン凧飲み放題コース♥
お酒はビール(生・瓶)・日本酒・焼酎・とうもろこし焼酎ていうのもあった。
あと、ウーロン茶と白ワインかな。
ではでは、生ビールでかんぱ~い(#^~^#)、ぷは~。

たまらない肴たちがっ目白押しっ(><)ノシ
「野菜のおひたし」と「イクラの醤油づけ」♪
イクラちゃんはちぴっと食べただけ。
何故かと言うと、日本酒と後で楽しみたいからデス♥
a0058643_14153280.jpg

「秋刀魚の梅煮」をちぴりと頂く、ああ日本酒じゃなきゃダメデスネ。
a0058643_14153658.jpg

「イカと大根の煮付け」濃い味の後はさっぱりと。
a0058643_14154195.jpg

「甘エビの塩ゆで」はそのまま殻ごといけるので、
甘エビのおいしさを丸ごと頂ける♪
a0058643_14154627.jpg

そして、じゃじゃ~ん!見た目も鮮やかなお寿司がっ♪
かわいい~おいしそうです~(涙)
食べるのもったいない(なんて嘘 ーー;)
ミニサイズなのは女性にはうれしい。
このみょうがもワサビも美味しい!!はぁ、満たされますぅ(#^^#)
a0058643_1415507.jpg

わ~ん。なんかとってもいい匂いがするよ(T○○T)
これって、私達のですかっ?
a0058643_14155461.jpg

目の前で焼きあがった「赤ムツの一夜干焼き」がね・・・ラヴ♥ 
しっとりやわらかい身にこのうまみ・・・・うっとり。
一夜干してるから旨味が増すんだろうか~。
やばい、次の日もまた食べたいと思い出す位おいしかった。
a0058643_14155936.jpg

最後に白ワイン(^^;)いや~飲んじゃったね。
お酒飲むには最高のコースであります。
一つ一つの料理に丁寧な仕事を感じる「有福」でありました。
ご馳走様でした。

こういうお店は父親と二人で来てもいいなぁ~と思った。
静かに飲めるしお魚もおいしいしね。
a0058643_14162174.jpg




a0058643_14162787.jpg
「島っ子がつくる美味しい定食と海鮮丼のお店
(夜は酒処)  有福-ありふく-」
福岡市中央区渡辺通1-1-1
サンセルコB1F【MAP】
[092-725-2477]
11:30-15:00/17:00-22:00
[PR]
by zono | by zome55jp | 2009-09-30 00:15 | 和食・寿司・串揚げ
食と酒 なかむた
 平尾の中村調理専門学校の正面の細い道。
「古道具ささや」とかある「器屋あまねや」さんと隣接してる「なかむた」。
ず~っと気になっていたお店なのであります。
「酒陶築地」さんからもおいしいですよと教えてもらい、
これはそろそろ行く時かなと満を持しての入店♪

 白い暖簾をくぐりガラガラと引き戸を開ける。
そう大きくないお店に、一度左へ迂回させ中へと入る間合いがいい。
外からうかがうに窓際のテーブル席とカウンターだけの小さなお店と
憶測していたけど、もうひとつ四人掛けのテーブル席がある。
外からは見えないその席へ座ってみた。
テーブルの木の質感がしっとりとしていてなじむ感じ。
格子の間仕切りで適度に向こうの存在も感じられ閉鎖感はない。
距離感がなんとも和的で心地いい。
そこにはジャズが流れています。

「生ビール ¥500」で乾杯。それぞれ2杯ずついただいた。
a0058643_105575.jpg

コースは「おまかせ五品 ¥4000」「おまかせ七品 ¥5500」から。
アラカルトはお刺身を含め20品程のお料理と御飯と麺類。
お値段の表記はなし。

まずはお通しから。
なすやおくらの夏野菜にみょうがほんのりと。
味付けはおだやか。最初のお皿にふさわしい感じ。
a0058643_1051569.jpg

アラカルトで頼みました。まずは「カンパチ刺」。
うわ~きれいだなぁ・・・まずは目で楽しみ、いただきます。
はりのあるねっとり感。わさびをちょいと付けてと・・・
ん~程よい大きの身が口の中に広がる。なんと伝えればいいのか。
薄すぎず大きすぎない最適な大きさってやっぱあるよね。
脂ののったつやつやの腹身も、噛む度に目を細め頷いちゃう感じ♥
いつもはなにも考えないでつける醤油も「ん?」と意識を向けてしまった。
a0058643_1052157.jpg

「水菜と豚バラのぽん酢あん」
お皿が置かれると、何ともいえないいにおい♥
ピンク色の豚肉のじゅわんと肉汁を封じ込めた様子。
発色のよい水菜。それらの上にかかったあんのてり。
食べたいという欲求が十分刺激され箸を向ける。
酸味が出すぎることなく品のいい味付け。
a0058643_1053131.jpg

「貝柱ととうもろこしのかき揚げ」
これもまた香ばしいかおりと共にテーブルへ。
お塩をつけて、あつあつをはふはふ。
さくっとした口あたり、
噛むごとにとうもろこしの甘味が増幅するよう。
そして貝柱の食感が時折顔を出す。これ好き♥♥
a0058643_1053877.jpg

後半「旭菊 ¥650」をちぴりとやりながら食べた。
a0058643_1055111.jpg

最後は炭水化物でしめちゃおっか!
ということで「塩おむすび」に惹かれたが「おうどん」にした。
(こんなお店のおむすびってそそられない?!)
澄んだお汁。一口飲むと鶏の風味がふんわきてひいいてゆく。
五島うどんかな、ずずっとすする。
うん、和食屋さんのうどん。
お出汁が飽きることなくおいしいのでほぼ呑んでしまいました♥

ゆっくり食べるとお腹いっぱいになるね。
a0058643_106272.jpg

お会計はふたりで9000円ほど。
いや~美味しかった!!
GUSHI嬢の言うとおり私の好きそうなお店でした。
美味しいって、作り手の思いみたいなもの頂いてる気がする。
そういうのが感じられるお店ってすき。
安いとか高いとかじゃなくてさ。
旅はまだまだ終わらない。


今度はここへ座りたいカウンター席と店主を撮らせてもらった。
心からごちそうさまでした。
a0058643_106784.jpg




a0058643_1061493.jpg
「食と酒 なかむた」
福岡市中央区平尾1-12-3
[092-524-7152]
[PR]
by zono | by zome55jp | 2009-06-11 00:04 | 和食・寿司・串揚げ
和料理 さく
 「定食屋やカフェのランチって沢山ありますど、
気軽に和食の良さを堪能できるお店って、福岡は少ない気がするんです」
写真の承諾を貰った後、七席しかないカウンター越しにそんな会話から始まった。
そういわれるとほんとそうだなぁと思い、
京都で修行されていた「さく」の女店主の言葉にうなずく。

 若い方にも気楽に和食の良さを知ってもらいたい。
もともと作業場として考えていたこの場所でお店を開いたのは
そういう強い思いがあっての事だそうです。
同じく料理人のご主人とお店を開くご予定だそうですが、
それまではここで頑張られるそう。
a0058643_1085573.jpg

 まずは「ホタテの茶碗蒸し あおさのせ」。
とろっと滑らかな舌ざわり♥ 
ゆきすきない味付けに、鼻に抜けるあおさの風味とホタテの味わいが光ります。
a0058643_1073857.jpg

 そして次に置かれたこの箱(TーT)!!!
彩りも鮮やかで、日本の四季をこの小さな箱に移しかえたよう。
細かく丁寧な仕事が折り重なり、とても上品な味に仕上がっています♥
それが押し付けがましくなく、食べたとき舌が教えてくれるというか・・・
隠す文化、日本の心を感じるのです。

左上の器には普段食すことはない「はりがね芋」を使った一品など。
いっこいっこ語ると長くなりますのでこのへんで(涙)
a0058643_107437.jpg

 そして驚いたのは二つ目の箱が出てきたこと!!
昼間は1700円、箱入り(夜は3700円のお任せ懐石になります。)
とあるのですが、まさかふたつ出てくるなんて吃驚デス!!
 天然のイカと鯛。なんと、炙った鱧(はも)も出てくるなんてっ、
信じられません!!
南区のこの場所だからなせる価格だそう(涙)
いや~ちょっといいんでしょうか!このお値段でっ!と何度もつぶやく。

 とうとう我慢できず日本酒を一杯。多分はじめて呑む、石川県の「吉田蔵」純米酒。
これがまたも~っれつなすっきり辛口で(涙)
お刺身と共に頂けば、痛烈に合うっ♥♥
a0058643_108116.jpg

 懐石を頂きつつもどこか方の力がぬける「和料理 さく」。
七席しかなく完全予約制ですので、人数がありましたら貸切も可能です。
ちょっとしたお祝いの席、赤ちゃんがいても大丈夫。
ご家族でゆっくりと時間を楽しむのもいいかもしれません。

 建物の中央にある階段を上って、左手角の部屋。
看板もありませんので分かりにいですけど、
入口の格子戸に和食屋の気配を感じます。
化粧室は入口のすぐ隣。同じような格子戸なので分かりにくいかも。
掘りごたつで床には毛布が敷いてあり、こまやかな気遣いがうれしいです。
スリッパがおいてあるところで靴を脱いでください。
a0058643_108219.jpg

 そして、料理もおおづめ、御飯など。
炊き立てのつやつやのお米に、味の利いたちりめんじゃこ。
そしてお新香(涙)
 お米があまい!!あまいよ~っ(><。)
ああ、色々細かくて気を使って、
面倒臭いなと思う民族だけど今は日本人で良かった♥♥
a0058643_108533.jpg

 その日はよい「鯛」がはいったという事で潮(うしお)汁です♪
私はお頭入りっ♥♥
大好きな部位なのでほんと猫のように頂きました♥
目の下のお肉がまた美味しいんですよね♪
ああ、女性が作ったお汁だなぁとなんでか思った。
a0058643_1081266.jpg

 そして最後に丹波の黒豆が・・・引き込まれそうなツヤと照り。
やわらかなでやさしいヨモギの団子に独特の甘いみつがカラマると・・・美味。
私にしては甘すぎるのですが、
それがあまりにも自然味豊かで引き込まれてしました♥♥
ああ♥しばし無言。
1200円の(黒豆)瓶詰があるそうで、買って帰ればよかったとやっぱり後悔。


 日本と言っても縦に長く、
九州と本州の食文化は気候もまた異なるもので、
さして京都など和の極み、比べることは出来きません。
時折ふれる日本の源流、本州の和の文化は、
いつだって私達の先にあって、教えて貰うことが多い気がします。


 大満足の正午、心からご馳走様でした。
a0058643_1081735.jpg




a0058643_1082759.jpg
「和料理 さく」
福岡市南区大楠3-7-26
あさだ荘2F-18
[090-9589-0039]
11:30-14:00
17:00-21:00
※2名以上完全予約制・お任せ料理
 
[PR]
by zono | by zome55jp | 2009-05-07 00:02 | 和食・寿司・串揚げ
和食 ひめ
 インペックス通り、確かこの辺りだよね~とキョロキョロしてたら、
自動販売機の前でばったり(^^)ノやっほう、元気しとった?(笑)
確かここよね。
この赤い灯りが目印って以前G氏が教えてくれた。

 どきどきしなかがら扉を開くと、その正面に「ひめ」のロゴが光に浮かぶ。
そしてもう一枚の扉を開くと照明を落とした中、
長めのずしりと存在感のあるカウンター席が飛び込んでくる。
また食事を楽しまれているお客様方も、
人生をひと波ふた波越えてきてきた感の方ばかり。
グラスを傾けるす様子もなんとも様になり、
お客さんによっても店の雰囲気は作られるものですね。

 5千円のコースを前日に予約しておりました。
久々の再会に「生ビール ¥600」で乾杯♪
どんな料理が出てくるのかわくわくです(#^^#)m

 まずは椀がでてきました。
とろっとした中に一言では言えない世界が広がります。
すくっと呑んじゃいました♪次は?次はっ?
刺身盛りですね、その前に生わざびをすりすり(^^)
すり立てはえげつない辛味もなく甘くてこれで日本酒が呑めそうです♥
a0058643_1084666.jpga0058643_1085438.jpg


 そしてこれが噂の刺身盛り。わ~目にも訴える美味しさですね(TーT)
常温に近いそれは、舌に乗せると隙もなく味と香りが浮き立ち、
作り手のひと手間が感じられます。
a0058643_10968.jpg

 野菜の味をそのまま楽しむ。上品なあんとみょうがとさりげない胡麻と。
a0058643_109129.jpg

 辛口の日本酒をお願いしたら「王祿 超辛純米」がでてきました♪
わ~依然呑んだのよりキリリ感が全然あります!
a0058643_10102685.jpg

 大き目の渋い器に盛られた金時にんじんでしたでしょうか。
必要以上加えることなく、あっさりとした味付けになってます。
a0058643_10103178.jpg

 日本酒にしてよかった♥(涙)と思わせた一品。くらり。
うわ~っと言わざるおえないです。よかったお酒が呑めてと目を細めた。
a0058643_10103538.jpg

 これは「とりのこ」を思い出すお鍋ですね。
丸々と太った椎茸と葱が泳ぐ中、ころあいを見計らってパクリ。
a0058643_1010401.jpg

ほんの5~6秒で上げて下さいと言われたアナゴは、
花咲く瞬間を動画にアップしたい位でした(笑)
ひとり二切れだったのが・・・(涙)
a0058643_10104677.jpg
a0058643_101050100.jpg


 そして御飯はもっちりとさくさくっと幾らでも入ってしまいそうです。

 店の雰囲気にも慣れ、すこし離れた奥のテーブル席が気なりはじめる。
深い朱色の簾はがなにか妖艶さをプラスさせアジア東洋的な要素も。
ゆったりとしたソファも気持ちよさそうで、
日ごろと違う会話がもれてしまいそうな大人なスペースです。
a0058643_101128.jpg

 デザートは金柑の鮮やかな記憶が残る。


 少しばかり遅い時間からの予約だったのでカウンターは私たちだけに。
中央にある植木は赤い花が満開。本物の「うめ」だったね(笑)
最初に写真のお伺いをたてたらあっさりOK。
梅も撮らせてもらった。
「最近そういう方多いですよね」と不思議そうに言われた。

 「ひめ」のカウンター席は一足早い春を運んできました。
a0058643_1011720.jpg




a0058643_10111441.jpg
「ひめ」
福岡市中央区今泉2-3-38-1F
[092-716-2332]
18:00-24:00
日・第三月休
※お任せコース前日要予約
[PR]
by zono | by zome55jp | 2009-02-02 00:07 | 和食・寿司・串揚げ
忠助
 念願でしたお寿司屋、「忠助」へ行ってきました♥

 移転したのは知っていたのだけれど、
どこに移ったのか判らぬまま春吉へ到着。
前の場所はワインバーになっている。
と、ランチを予約してくれた友達から連絡あり、
もしもし・・・あああそこの2階ね♪
 
 重厚な扉を開くと、そこはモダンでシックな空間!!まるで高級バーみたい。
お寿司屋は和な店構えという常識がくつがえる。
まっすぐに伸びる長いカウンターがまぶしい。
右手は仕切り板のあるテーブル席で半個室な気分になれる。
奥の壁はガラス張りで、実際より広々とした印象を与えるんだろう。
 
 お久しぶりの浜ちゃんさんへご挨拶。
おめでとう&今日は宜しくお願いします♪

 それではシャンパンを頂きます♪乾杯~今日はゴチになります♥
そうなのだ、今日は友達夫婦がご馳走してくれるの(#^^#)
a0058643_12191352.jpg

 パクッと一口で。うんおいいし。ジャブジャブ(^^)次は!次は!とワクワク。
a0058643_1219176.jpg

 お造りがきました・・・素敵。
器の赤と添えられたもみじの紅葉と。
小さな器の中に四季を感じ、まずはそれを愛でるといった感じかな。
これぞ「和」の心。
a0058643_12192213.jpg

 輪切りの柑橘の上にのる白身魚。ほんのりうつるその感がいい。
山葵ももちろんえげつない辛さはないから、繊細さが伝わるのか。
 炙ったブリを口に入れると、その風味や味にハッとなる。
こんな上品で香りもしっかりとした炙りって・・・(涙)
一段上の美味しいへ、ようこそ♥♥
a0058643_12192870.jpg

 「れんこんのめんたい詰め揚げ」だったかな。
敷かれた和紙におもてなしの気持ちを感じる。
a0058643_1219348.jpg

 茶碗蒸しの器が素敵でしばし見入る。
味も上品で口に入れるともうなくなってしまう。
このころには日本酒へ移行。
a0058643_12193913.jpg

 ガリもそれだけて画になります♥
それでは待ちに待った握りへ~いざ♪
a0058643_12194552.jpg

 女性でも食べやすい大きさでうれしい。
一口で口へ運ぶ。しっかりとしたシャリが噛むごとにパラリとばらけ、
米粒ひとつひとつの表面積と柔らかなねたが舌の上一杯に広がる。
・・・・美味しい♥♥♥この器もまた・・・♥
しばし無言で、
「あかむつ」「イカ」「ひらす」を食す。
a0058643_12194938.jpg

 この細かい仕事!!脱帽です。日本人って・・・(涙)
一口食べて目を細める。
「炙りトロ」「ずけ」「しめさば」
a0058643_1220082.jpg

 白ワインへ。イギリスのですって、ほ~。マスカットな甘さが、んん?
と思ったけどとっても合います♪

 穴子はあまり得意じゃなかたのですが、ここのは一番記憶に残る一品。
タレも程よく素材の味がきちんとして、ふっくら♥♥うわ~ん(涙)
ああ、また食べたくなってきました。
いなりがまた裏返し??面白い♪
「穴子」「いくら」「いなり」「玉子」
a0058643_1220532.jpg

 お澄ましも、ほっと何度も言ってしまう安心感。
a0058643_1220106.jpg

 最後は栗のデザートで終了です。
いや~もう、なんていうか頭が下がります。
もう~っすごい大大、大満足です♥
心から、ご馳走さまでした。
a0058643_12204782.jpg




a0058643_12205394.jpg
「忠助」
福岡市春吉3-24-?
2F
「092-738-3522」
18:00-23:00
ランチ土日のみ
※要予約制
[PR]
by zono | by zome55jp | 2008-11-25 00:19 | 和食・寿司・串揚げ
本格串揚げ屋 こころ
 高宮駅から程近い場所においしくて安い串揚げ屋さんがあるってことで、
KR嬢と行ってきた「こころ」。

 以前から店の存在は知ってたんだけど串揚げ屋さんとは知らず(^^;)
入口あけても仕切りがあってもろに店内は見えない。
縦長の店内は明るい色合いの板間、カウンター席のみ。
一番奥右手がお手洗い。
ご夫婦でやってらっしゃる、なんとも肩肘張らないほんわかなお店です。


 それでもちろん夜行ったんですけど、夜のメニューは、
「こころコース(串11本/お茶漬け&デザート) ¥2500」と、
「おまかせコース(ストップをかけられる迄)」¥100から¥300の串。
私達は後者にする。

 「サッポロ 大瓶 ¥600」でひっそり乾杯♪お疲れ様だに!!
野菜をぽりぽり食べながらお喋り。
a0058643_9572941.jpga0058643_9573936.jpg

 お任せコースでも茶碗蒸しはついてくるのね?!
ひとりだとお家でなかなか作らないな~(^^;)
トリュッと食べてるとやってきました~第一陣。

 細やかなパン粉に包まれた具材は一体何だろうなぁ、ワクワク♪
a0058643_9575485.jpga0058643_958579.jpg

 創作的な組み合わせの串をもぐもぐしながら、
これは何??ってめぐらすのも楽しいね。
a0058643_9582461.jpga0058643_9581634.jpg

 だんだん、お腹がいっぱいになってきた。
a0058643_9583455.jpga0058643_9584252.jpg

 左は豚の角煮だったりして面白うまかった(^0^) 
右「グラスワイン ¥350」
a0058643_9585226.jpga0058643_959155.jpg

 9本位食べてストップしたけど、驚きの南区低価格!!
そっか、あんまり呑まなかったしね・・。
昼間のランチは600円から。
脂も残ることなくすっきり後味。
ご馳走さまでしたm(_ _)m



a0058643_9591053.jpg
「本格串揚げ屋 こころ」
福岡市南区大楠3-16-21
コーポ山下105
[092-522-2139]
11:30-14:30
18:00-22:00
[PR]
by zono | by zome55jp | 2008-10-27 10:57 | 和食・寿司・串揚げ
串揚げ てしま で春を。
 串揚げって、胃袋がもたれるってイメージないですか?
あまり丈夫でない胃袋の私は自発的に行くことはなかったのね。

 んでも今回は「てしま」いかがぁん?ってこで、
おいしいと聞いたことがあったのでチャレンジだに!!


 またもや遅れてしまって、スミマセン(ーー;)
ビールで乾杯だに♪GS嬢らは日本酒へ以降(^へ、^)P

 テーブルの上には、串の前準備が既に整っていた。
ほ~最初にキャベツだの、野菜スティックだのこんだけついてくるのね。

 15本3千円からだったかな。
ストップと言うまで出てきますとの事。全種類は35本ということで、
男性で制覇する人もいるそうで、私にはできないワン(--;)

 てなことで、じゃぁお願いします♪♪
a0058643_926128.jpg

 揚げたての串は、一口食べるとにっこり微笑まずにはいられません。
猫舌だけどはふはふ食べれば幸せです♥

 このほら、揚げたての具材から立ちのぼる湯気。ああ(☆ー☆)

 す、すみません(TーT)ノ
串揚げがこんなにおいしいとは思いませんでしたm(__)m


 左は③レンコン カレー風味。
 右の⑤島らっきょうが激うまでした!!
いつもそのままで頂くと、辛味にまいってしまうのですが、
これは揚げてあるのでなんというか、辛味が抜けあまみが出てきて素敵なんです!!
a0058643_9261312.jpga0058643_9262367.jpg

 箸休めにでてくる小鉢もとってもおいしかったデス♪
a0058643_9264783.jpga0058643_9272984.jpg

 ちなみにこんな感じで出てきましたョ(@ー@)ノ

①空豆②アジ タルタルで。③レンコン カレー風味 ④タイの桜の葉巻き
⑤島らっきょう ⑥春菊水菜のおひたし ⑦かに+のり ⑧ハムのチーズしそ巻き
⑨ヒレカツ ⑩つくしと菜の花の肉巻き ⑪えび+しそ ⑫アスパラ 
⑬貝柱+ネギ ⑭あなご
a0058643_9275690.jpg

 そろそろおなか一杯になってきたねということでストップ。
最後は「あなご」でしたが、、、
 このあなごが絶品♥でした。サクサク衣、口の中でとろけるあなごちゃん♥♥
いやん(#^ー^#)大満足。
a0058643_9274736.jpg

 この次に何が出てくるのかとっても気になってしまった次第デス。

 日本酒のメニューはあんまりあてにできないので、
直接聞いてくださいとのことです。
a0058643_9281285.jpga0058643_9282740.jpg

 それにこんだけ食べても胃がもたれないの!!恐るべし「てしま」。

 衣の中に凝縮される素材の旨味。日本酒(各¥600)と春を頂きました♥
ご馳走様でした。


a0058643_9283979.jpg
「串揚げ てしま」
福岡市中央区警固2-16-20
朝日プラザ赤坂1F
[092-712-7791]
11:30-13:30/18:00-23:00
不定休
[PR]
by zono | by zome55jp | 2008-04-02 00:00 | 和食・寿司・串揚げ
高鮨
もしかして?このブログでお寿司をアップさせて頂くのは、
初めてかもしれません。

高宮の高鮨へ行ってきました♪

きゃ~っ、寿司屋のカウンター久しぶりです(#^^#)ノ
大将の手元が良く見える席♥
お任せなので、何が出てくるのか楽しみです♪

写真の許可を。あ、はい、ブログやってるんです(^^;)ゞ
ありがとうございますm(__)m

まずはキリンで乾杯ですね♪(ビールは何種類からか選べます)
a0058643_11341781.jpg

店内は、カウンターと座敷のテーブル席二つかな?
カウンター正面に飾られた書と、隅々まで清潔感があり、滞るものは何ひとつない。
肩肘張らずに、
それでいて背筋が自然にのびる感じ、気持ちのいい空間。

左は最初の一皿、これっ、しゃこの爪の身が入ってるよ~(TーT)ノ
長さ6~8mmの小さい身に美味しいさ凝縮。

そして、ウニが小鉢に出てきた後。
右、じゅんさいとミソがまたいい味の酢の物で・・・おいしさのあまり悶える。
a0058643_11343098.jpg
a0058643_1311561.jpg


それにしても、この席でよかった♥大将の見事な包丁捌きはみれるし、
思わず笑みがこぼれるトーク。寿司に対してのお話もきけたし(^0^)ノ

お造りが、、、もう、、♥♥見て分かりますよね?
a0058643_11353556.jpg

おいしいと、ため息、、言葉が後に後になっちゃう。
a0058643_11354264.jpg

次に、焼き物となすのにびたし。
そして、私達が最大に黙々と食べたた一品。
やはり、金目鯛のシンプルな煮付け。
塩と酒と昆布と。。。余計なものはなし、お魚さんの美味しさがダイレクト♥♥

旨味をすった豆腐もうまいぜ(TーT)ノノ
a0058643_1136269.jpg

嬢が一押しの茶碗蒸し♥蓋を開けた瞬間、その香りにもっていかれる。
スプーンをいれると、卵の間から、じゅんわり澄んだだし汁が。。
いまだかつて食したことのない茶碗蒸しだった(TーT)
a0058643_11364051.jpga0058643_114056.jpg


ここで、お腹は満腹寸前。
って、肝心なものを食べてないよん。

そしてにぎりに。。。
[PR]
by zono | by zome55jp | 2007-07-30 13:00 | 和食・寿司・串揚げ
ふき庵で懇親会
先月の話で申し訳ない。年が明ける前にねアップしときます。

場所は久留米、すっごい分かりずらい住宅街の奥にあって、
やっとたどり着いた。久留米では穴場的なお店なのだろうか?
3000円でいろいろ出てきたよ。
a0058643_17123274.jpg

a0058643_1712476.jpg

半分は創作料理デス(^^)
a0058643_1713033.jpg

素材は新鮮でおいしかった。
a0058643_17131385.jpg


a0058643_17132656.jpg


「ふき庵」
福岡県久留米市合川町1756-2
[0942-30-6208]

翻訳家山川夫妻の講演会♪
[PR]
by zono | by zome55jp | 2006-12-29 17:21 | 和食・寿司・串揚げ
飯屋くーた西中洲店の至福感
X'masシーズン、街はものすごい人人人。
といいますかカップルばかりです(^^;)皆幸せそうに見えます♪
私がニコニコしてるのはデートではなく(^^;)
今から頂く美味しい料理への期待のせい♥
途中、エルガーラのとっても綺麗なツリーを横切り、西中洲へ。

お店の看板に灯りがともったら、入店デス。
予約してたzonoです♪二階席へ通される。
一階とはまた違う雰囲気で、バーのカウンターが大人の空間を演出。
その奥に座敷席、隣りと仕切られているので個室気分。
掘りごたつ、足先が冷たくないように床暖房してある。
a0058643_12501921.jpg

綺麗なグラスに注がれた細やかな泡の生ビール「モルツ ¥550」。
乾杯♪う〜ん、雑味がない。うまい、ふ〜っ。
a0058643_12505049.jpg

突出しの小鉢。
「ういきょうのスープ 海老のしんじょ」
一口パクリ、ぱりっと揚げたその中にはふんわり海老が〜っ、
いきなりズキューン!胸を打ち抜かれました(TーT)
繊細な味の深み、倒れそう。ああ、日本人でよかった♥♥♥
a0058643_13512821.jpg

「熊本直送 馬刺身・馬レバー 」
うわ〜っ、綺麗。
ちょっと冷たすぎて味がわからないので、暫くおいてから頂きます。
ぱくり♥♥♥うわ〜ん(TーT)美味しすぎる。
クチに入れると上品に広がるうま味。
鮮度ばつぐん、それだけではなく素材そのものが力強い。ため息、ため息。
a0058643_12513861.jpg

馬レバ−。パクリ!!!!!!。うわぁ、コリコリしっかりしてる。
こんなん美味しいレバーがあるんだ。どろんとしてなくて、食感がいい。
美味しすぎる!!!うわ〜っ(TーT)幸せが広がる、お口の中に。
a0058643_12515124.jpg

ゆっくりと出てくる料理達、お腹をみたすというよりも、
味覚の回路を楽しむ、堪能する感じ。

「白トリュフの焼き茶碗蒸し」ひとつを三人で食べる(^^;)
トリュフの香りがひろがる。
とろりとした食感、玉子と白子にめまい。
品のあるうまみがじんわり、うなるしかない。
a0058643_1252482.jpg

「天ぷらの盛り合せ」これも三人で食べたよ。
これは、また。サクリとした衣の中にふわりと素材の味が凝縮。
うわ〜ん、まさしくプロが作る味だ。
a0058643_15104092.jpg

器もこころを楽しませてくれる。白子は三等分(笑)塩で頂く。は〜♥♥
カボチャはタレで。美味しいよ(泣)
a0058643_12542161.jpg

「若鶏ももの唐揚げ ¥900」コレは、値段がわかりました(^^;)
箸で簡単に骨からみが離れる。ふわりとゆげがあがる。
私は鶏肉です!!鶏肉です!!という主張がある。
ウマイ♥♥
a0058643_12543922.jpg

最後にお寿司。「車エビ」「やりいか」「活さば」
わさびがすっごい効いてくる。
その、わさびもただ辛いだけじゃなくうま味を伴う。

やりいかは包丁がはいっていて、口にいれるとイカそうめんになる。
ばらばらになる食感が面白い。

ああ、寿司♥♥日本食万歳\(TーT)/
a0058643_12545888.jpg

けっこうお腹いっぱいになってきた。

あまりに美味しい物を食べると、両手の指を動かしてしまう私(^^;)
何度両手が中に舞ったことか・・・・。

いやぁ、もうため息ばかり。大大大大満足のお料理達にありがとう♥

三人で約17000円でした。
飲み物はジュース1杯とビール4杯デス。


a0058643_12551354.jpg


「飯屋(はんや) くーた 西中洲店」
福岡市中央区西中洲2-8
[092-739-0102]
18:00-04:00
無休
[PR]
by zono | by zome55jp | 2006-12-24 14:54 | 和食・寿司・串揚げ

美味しく食べ歩ける日々に感謝♪ by zono
最新の記事
NEWブログのアドレスだよ!
at 2010-01-06 00:00
遅ればせながら・・・
at 2010-01-05 00:24
師走のあわただしさ加速中
at 2009-12-28 00:03
なす豚や~夜定食シリーズ~
at 2009-12-25 00:48
Osteria Incroci
at 2009-12-24 00:49
ブログリンク
フォロー中のブログ
検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧