●つぶやき● ブログ移動しました(2010/1/6)
<   2009年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧
by zono |
夏風邪
 週末の豪雨にずぶ濡れて、風邪を引いてしまいました。
体調がかんばしくないので暫くブログ休みます。

コメント等もしばしお返事できないと思います。
ご了承下さいませ。
[PR]
by zono | by zome55jp | 2009-07-29 00:27 | 日々の風景
大衆焼肉 たまや
 トモダチに昨日の夜何食べたの?と聞いたら、「焼肉」と返ってきた。
そしたらモーレツに食べたくなって、
次の日友達を誘い、大橋にできた「大衆焼肉 たまや」にいって来ました♪

「いらっしいませ~」と元気な挨拶。
接客はきびきびと天神界隈のクオリティです。
最初の注文は自分たちで記入する方式。
ここはなんといっても安さがうり♪
とり→280円、ぶた→380円、ぺこ(牛)→480円に固定されてるの。
味付けは韓国唐辛子味噌ダレ(赤ダレ)もあり、
微弱韓国チックなにおいもする焼肉屋さん。JINNROとマッコリもあるし。
見た目は大衆居酒屋ちっくだけども。
a0058643_1062662.jpg

「生ビール ¥450」
料理の値段が安いと飲みのが割高だったりだけど、
ここはこの価格でし(TーT)ノシ
a0058643_1063460.jpg

「きゅうりの浅漬け ¥280」
a0058643_1064275.jpg

おすすめ「丸腸 ¥580」はちょい高めの値段設定。
右「カルビ(赤タレ) ¥480」と奥「鶏せせり(塩)¥280」
a0058643_1064838.jpg

赤タレに漬け込んであるお肉は網がそく焦げてしまうので、
塩焼きとかの後付けのタイプを最初に頼むとか順番考えがいいかも。
何度も網を変えて貰った。
お店の人がきちんと気づいてくれるのは助かったよ。
a0058643_1065755.jpg

「焼野菜盛り ¥380」「ミックスホルモン(赤ダレ) ¥480」だったかな。
a0058643_1071223.jpg

ここお酒の種類が結構あったような。焼酎、梅酒とか・・
帰り際に「JINNRO ¥380」があるのに気づく。
あ~呑みたかったなぁとお店を後にしたのでありました。
名物「もつ煮込み ¥380」も食べ逃してた(ーー;)りりり・・・
a0058643_107207.jpg




a0058643_107279.jpg
「大衆焼肉 たまや」
福岡市南区大橋1-18-1
ダイワパレス大橋1F【地図】
[092-512-1129]←イイ肉(^m^)
18:00-02:00
無休
[PR]
by zono | by zome55jp | 2009-07-25 00:05 | 焼肉・ホルモン
猫日和
 こんなに猫にあう日もないな~って位、猫に遭遇する日だった。
どうにか写真になったのだけのっけまする。

一枚目は二羽のカラスと猫がにらみ合ってる最中を目撃。
もしかして黒い子猫を襲う気カラス?と危険を感じ踏みよったの。
そしたら一羽退散。もっと近づいたらもう一羽も逃げてった。
a0058643_14503210.jpg

大丈夫かぁと話しかけた。
車の下に隠れた小さい黒猫のシルエットがいい。
a0058643_14504127.jpg

薄茶色の猫が私に気をとられながらも、後ろの黒白猫にも気をむける。
私が動くと私をみるのだ。
a0058643_15545271.jpg

白金の猫。警戒してるようだけどこの後私にすりよってきた。
餌もってない~?ってな感じで。
なぜなぜするとうれしそう。あったかいにやぁ~。
a0058643_1451049.jpg

なぜかわたしに顔をみせてくれない。
ああ、カメラのAF補助ランプがうざいのね。とオフに。
やっとのことで撮った一枚。
a0058643_14511017.jpg

覗き込む子猫をすかさずパシャリ。
自転車の上で足が攣りそうになりながら撮った一枚。
おもいっきしぶれてるにゃ。
もっと近づいたら逃げてった。
a0058643_15535420.jpg

[PR]
by zono | by zome55jp | 2009-07-24 00:50 | 日々の風景
インドレストラン タージ
 大橋にある「インドレストラン タージ」でランチる。
どこかファミリーレストランを彷彿とさせる店内。
インド人の店員さんの接客は日本人とはちょと違う感じ。

平日は650円からランチが食べられるんだ。南区価格ね♥
9種類程ある。その他にもセットメニューとか。

あり?

・・・・・。

ず~っと捜し求めてたほうれん草のカレーがこんなに近くにあったなんて(ーー;)
帰ってきたらまた食べたくなって、
「エベレストキッチン」とかインドカレー屋に
何軒かいったけどなくて残念に思っていたのだ。

「ほうれん草とチキンのカレー ¥800」
もちろんナンでお願いします♪
辛さは普通でお願いした。けどここ普通だとほんと辛くないよ。
辛いのが食べられない私が言うからまじです。
ああ、だからお子さま連れも多いのだね。
こんなのカレーじゃね~って思ってないかしら、インド系のスタッフさん(^^;)

いだたきま~うん、サラダのドレッシング、インドチック♪ 
安くてお手軽なおいしさ。
ナン、ふかふかでおいひ~。
a0058643_13483490.jpg

20代の中ごろ。ネパールに旅行したことがあった。
あまりの辛さに食べられない現地のカレー。
唯一たべられたのがほうれん草のカレーだった。
それでもからかったけど。なつかしい。
香辛料の味に旅の記憶がよみがえる。

ああ、最後にラッシー頼めばよかった(ーー;)
a0058643_13484293.jpg




a0058643_13485166.jpg
「インドレストラン タージ」
福岡市南区大橋2-16-1 【地図】
[092-541-8500]
11:00-23:00
無休

More
[PR]
by zono | by zome55jp | 2009-07-23 00:48 | 食堂・洋食・カレー
日食目視
かけてるけどわかんない。
a0058643_11145614.jpg

なんの準備もしてなかったのを悔やんだけど、
雨雲がフィルターになって、なんとか確認できた♥
ある意味運がいい?!
a0058643_1115371.jpg

空が見たこともないような色だったよね。
不思議な色合い。
昔の人が薄気味悪がったのもうなずける。
肌寒いのも日食のせいなの?!
a0058643_1115972.jpg

太陽見すぎて目がチカチカ。
[PR]
by zono | by zome55jp | 2009-07-22 10:56 | 日々の風景
ばいばいゼンジロウ。
 週末、飼ってた金魚が死んじゃった。
色々考えて・・・落ち込んでた。
命がなくなる時は大小にかかわらず胸が痛い。

携帯電話を見る気になれなかった。
連絡くれてた友達ごめんなさい。
a0058643_1472240.jpg

[PR]
by zono | by zome55jp | 2009-07-21 00:00 | 日々の風景
はんごう雑炊の店 山
 なんであたしは中州3丁目にいるんだろう?
朝目覚めた時、まさかここに行くなんて思いもしなかった。
久々の歓楽街はどこか寂しい。
やっぱり不況だからかな・・・人が少ないよ。
女のわたは客引きにあうこともなく、
時々出会うドレスアップした女たちを目で追いながら、
夜ごとこの街に渦巻く人の欲望。
男と女の儚さを思う。

なんつて(#><#)ノシ


えっ~と、
「中洲のチープで大衆的な飲食店シリーズ」
もいいなぁと思いながら、たどり着いたのは「はんごう雑炊の店 山」。
創業50年。
その存在はずいぶん前に知っていたけど、なんせ縁遠い中州。
それにこの店は飲んだ後の〆に来る店では?!
一件目に入るのはなしでしょ(^^;)


「エビス生ビール ¥600」を頂きます。
a0058643_9515026.jpg

慣れない「雑炊」を頼むのはものすっごい迷よう。
価格は¥800~¥1400。お好みの具をミックスも出来る。
ええ?!「すっぽん ¥1400」なんてのもある(笑)

とにかく相当悩んで、なんの事はないちばん最初に書いてある
「かに雑炊 ¥900」に(汗)

店内は古きよき喫茶店を思わす。全然イメージしていたのとは違うなぁ。
ひとりでも入りやすい雰囲気。
実際、ひとりでひょこり食べに来るお客も男女問わず。
そしてスタッフさんの接客も気持ちいい。
a0058643_10272349.jpg

多分このお店の名物「からし大根」。
濃い味つけ、あんまりからしを感じないけど後からくる。
お酒のお供にもぴったんこ。
雑炊の途中に食べるのもよきね~。
a0058643_9515830.jpg

ほほ~来ました♥ ほんとにはんごうで来るのだね♪
卵がここまできれいに拡散できるのはすごい~。
いただきま~。
a0058643_95284.jpg

はふ、はふ、熱っ。
わ~ん、やさしい味、おいし~(#^^#)
ヘルシーだけど旨味がしっかりあって。
丁寧に気持ちを込めて作られてるのが伝わります。
おいしかった~♪
さぁ今から混み合ってくる時間帯でしょうか?
a0058643_9521492.jpg




a0058643_9522599.jpg
「はんごう雑炊の店 山」
福岡市博多区中洲2-3-16
桃山ビル1F【地図】
[092-291-3683]
18:00-02:00
日・祝日休
[PR]
by zono | by zome55jp | 2009-07-17 00:50 | 食堂・洋食・カレー
颯香亭 (1/2)
 沢山の期待を胸にJR香椎駅で下車した。
小雨のぱらつく中、足早にタクシーへ乗り込む。
「颯香亭まで・・・」
わかりますか?と続けるつもりが言う前に、
運転手はコクリと頷いて車を発進させた。
慣れない者が一度通っただけでは覚えられないような道順。
お店の場所を知っている運転手にガイドを頼んだ方が無難かもしれない。


やがて車は住宅地へはいる。
坂道の途中でふいにタクシーが止まった。
「900円です」と運転手がボソリと言う。
傘を差してタクシーを降り、門の前にそびえる樹木を見上げる。
住宅地の中にひっそりとたたずむフランス料理店「颯香亭」。
一般民家には不釣合いな朱に塗られた壁と控えめな屋号。
初めて訪問する者にお店だと気づかせるもの。

やっと、やっとこれたよカナ~。
私は心の中で独り言をいい、
開店時間まで入口の長椅子で過ごすことにする。


 暫くして玄関の木製の格子戸がザワッと動き、笑顔の素敵な女性が顔を出した。
私達がいたのに驚いたようで、
一言言ってもらえれば中で待って頂いたのにと、申し訳なさそうにおっしゃった。
玄関は広々としていて、
しつらえのいい大臣でも座りそうな椅子が一脚、インテリアとしておいてある。
そがとても印象的。


予約の名前をつげ厨房側の席へ通される。
厨房から顔を出した金丸シェフに会釈して席へ。
本日予約していたのは期間限定「オマール海老のコース ¥7500」
(飲み物、コペルト代別)
ご夫婦お二人でやってらっしゃるお店。お任せのコース料理のみ。
写真を撮っていいかお伺いすると、
料理写真のブログ等の掲載はご遠慮願いますとの事。
理由も丁寧に説明して下さり、納得の事で頷いた。


もともと民家だった建物を厨房の周りを改装し営業なさってるらしいのだが、
まるでこのお店の為に建てられたような印象をうける。
コの字型をした屋敷、中庭を挟んで向こうの席を伺える。
6畳二間。一間に1テーブル。縁側にも席はあっただろうか?


もう大分日の長くなった7月の夕刻。
雨は止みそうになく空は灰色一色。雲の動きさえ見せない。
グラスのシャンパンと共にしばし中庭の風情をめでる。
しっとりと濡れ緑色を増す木々。
やわらかく降る雨の中メジロが実を突きにやってきた。
一面に生えた苔が見事でそこに雨の跳ねる様が綺麗だ。
葉先に集まる水の粒がもう堪えきれず滴る瞬間。
灯篭に灯りがともる頃にはまた違う表情を見せる。
ビルの一角では味わえない自然の小箱。
おもてなしはもう始まっているのだ。
[PR]
by zono | by zome55jp | 2009-07-16 00:15 | フレンチ
颯香亭 (2/2)
 最初のお皿が運ばれてきた。
さぁ、いよいよ始まる。
目の前に置かれた色鮮やかな料理に気持ちは高揚する。
食べるのがはばかられるような美しい盛付。
銀製のスプーン。
まずは右手のそれをゆっくりと一口で頂く。
しばしそこに集中する・・・これが颯香亭。


始まりは、
作り手が何かこちらを確かめるような印象。
抑えた感じでもあり、静かに始まるなら尚更、
確かさがそこに感じられないといけない。
オーケストラの演奏の出だし。
管楽器が静かに一気に引き付けるかのよう。


ここでワインをボトルで頼む。白ワインが最適だろうか?
ロゼワインも勧められらが、
何故かリストのとある白ワインが気になりそれにする。
5千円ほどの価格。
これがまた尋常ではない美味しさだった。
一口飲むと感覚をもっていかれる。
以前グルニエで頂いた貴腐ワインをどこか思い出す。
白ワインと言うものがこれほどの深さと
はっとするような薫をもち存在するものとは・・恐るべきワインの奥深さ。
黄金の輝きは美しく、気高ささえ感じる。


二品目。
多彩なトマトとオマール海老の身の驚くまでの品のよさ。
プリッと弾み、やわらかくみずみずしい身。
どう調理すれば最大限に素材が生かされるのか、
熟知する一流のシェフ。
素材そのものの味。ソースが絡み生まれるもの。
岩塩の粒が舌にのる瞬間。
目を閉じてそこに集中するのもいい。


三品目は温かなスープ。
蓋をあけると立ち上る濃厚なオマール海老の香り。ああ。
泡立てられ空気を含み軽い。
肝をはらんでも引き際は思うよりあっさりで、
冷めても何の弊害もない。
ここだけ曲調がかえられるよう。


四品目。
これもまた鮮やかな盛付。
大きなカクテルの三角グラスな器に赤いオマールの爪の身。
ゼリー状のソース。一口大の野菜たちなど。
それらが一定の調和を保ちながらもリズミカルに遊ぶ。
添えられた薬味はまるでメゾピアノのシンバル。
その役目を果たす。
隙のない美味しさに逃げ場はない。
食べるとなくなってしまう。
その事実がもどかしい。


五品目。
いよいよオマール海老の半身が香ばしく濃厚な味付けでやってくる。
おいしそうな香りに微笑みはたえない。
フォークとナイフを手にする。
曲の最高潮。楽団が一気に参加する。
指揮棒が力強く振られるたびに厚みをます音。
そんな感極まるシーン。
ひとつの皿の上で生まれる味の和音。
目頭がちょっとジワリとくる。
フィンガーボウルが出てくるので心ゆくまで楽しめた。


そして最後の一品。
このデザートも・・・思わず吐息がもれる。
果実の艶かしいやわらかさとのどごし。
最後の最後まで気が抜けない。
アクセントになっているこの食感と甘味がまた・・・
もっていかれる。全て。


美味な食後酒をいただき余韻に浸る。
気づけば開店から閉店まで長居をしていた私達。
4時間あまりの時間、夢心地。幸せだった。
口数も少なく料理以外の会話はしなかった気が・・・
ごめんねヤスコ・・(苦笑)


初夏の季節感を一面に出した
この時期限定オマール海老のコース。
絶品です。


食べる喜び。
颯香亭に漂うやさしさと隠しがちな力強さと共に。
心からご馳走さまでした。



a0058643_10171312.jpg

[PR]
by zono | by zome55jp | 2009-07-15 00:59 | フレンチ
着物なYumekichi Wine
 最近気になってたお店「Yumekichi Wine(ユメキチ ワイン)」へ。

エルガーラを過ぎた向かいの通りの細い路地へ。
ラーメン郷屋とかを通り過ぎて橋を渡ったところにあるよ。
その民家を改装したレトロにタイルの味わいプラスアルファな様子。
アンティーク着物屋さんとして経営されてた時から目を引いてた。
今は2階がそれになってるのかな。
私みたいな人間にとってはワインバーになってくれてうれしい限りです(^へ^)
a0058643_9442086.jpg

長いカウンターが主体で奥にテーブル席がひとつかふたつ。
そのカウンターが端っこだけ向かい合わせの席になっていて、
そこに座った。なかなかいいね~こういうデザイン♪
化粧室は入口正面の奥になるんだけど、下に降りる階段とかじゃないからね。
廊下まっすぐ進んで右手にあるよ。間違いやすいかも?!

手前「おひたし ¥400」「とり肝ソース煮 ¥500」
ああ一線越えたおいしいです♪
見てくれも綺麗だよね(^^)お酒のみにはたまりませんよきっと!
a0058643_9442560.jpg

突き出しがあって、その料金は未確認。
赤ワインをボトルで頼んだ。

そしたら、りり?誰かが呼ぶ声、あ!カウンターでひとりで飲んでらっしゃるのは、
ALBAのイベントとかで顔見知りになったARIさん。
ほえ~奇遇ですね~っと、それから4人で呑んだ(^^)

「まぐろのにんにくオイル煮 ¥800」これもうんまい(^~^)V
a0058643_9443028.jpg

カメラの話になって皆で撮影会(笑)
今回の写真は私が取ってないのも混ざり、濃いです(笑)
a0058643_9443846.jpg

「田舎風テリーヌ ¥800」だったけ(?-?)
ワインとよくあいました♥ 

私が行った時はおじ様方がおおかったけど、若い女性もちらほら。
なんとも独特のセンスがあふれる店にはどんなお客も似合うような。
オープンしたばかりなのにお客さん多いです♪
a0058643_9444630.jpg

ご好意に甘えて、写真を一枚ぱちり。
こんな感じで着物(浴衣)で接客してくれるのがまたいいんですよね~(^へ^)
大正ロマン。
って、こんな事かくから男だって思われるのかしら私(冷汗)

それにしても、今宵も当りのお店♥
うれしいわん♪
a0058643_9545972.jpg




a0058643_94564.jpg
「Yumekichi Wine(ユメキチ ワイン)」
福岡市中央区渡辺通5-2-15
1F【地図】
[092-735-7117]
18:00~
日休
[PR]
by zono | by zome55jp | 2009-07-14 00:43 | Bar・wine

美味しく食べ歩ける日々に感謝♪ by zono
最新の記事
NEWブログのアドレスだよ!
at 2010-01-06 00:00
遅ればせながら・・・
at 2010-01-05 00:24
師走のあわただしさ加速中
at 2009-12-28 00:03
なす豚や~夜定食シリーズ~
at 2009-12-25 00:48
Osteria Incroci
at 2009-12-24 00:49
ブログリンク
フォロー中のブログ
検索
カテゴリ
タグ
以前の記事
ブログパーツ
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧